投資初心者の成長記録

IPO、株主優待、スイングトレード等投資報告や生活に役立つ情報も書いていこうと思います。

右脳の記憶術の体験 私の経験をご紹介します。

記憶のことについて思うこと、経験してたことを自分なりにまとめてみました。

何かのご参考やきっかけになればと思いエントリーします。

 

 

 知識を得る事のtagayasu的認識

知識を得る方法としては学生時代で受験勉強をしたように何度も繰り返し学習して覚える、問題を解いていく、繰り返すことで知識として身につく。5,6回ほど繰り返せば一生忘れないなどと言われました。知識習得(暗記)に必要なのは、反復と継続ということですね。

 

右脳と左脳

医学的には証明されてはいないようですが、近年の研究では同じ脳でも働きは違うということがスタンダードなっています。右脳は視覚的直観的でつまり音楽、絵画含む芸術といったイメージ系、左脳は論理的思考的は文学、推理など言語系のようです。

 

学習すれば知識が増えますが、ほとんどの人がめんどくさいと感じること思います。しかも忘れてしまう事もあります。受験勉強を筆頭にこれは左脳を酷使し、右脳をうまく使えてない状況だと思います。

 

 

tagayasuの経験から、簡単な例えをいくつか提示します。

中学校英語レベルにて必ずと言っていいほど通る「動名詞しかとらない動詞」

(×enjoy to do、〇enjoy ~ing という意味)の暗記

とある塾の講習で「enjyo,finish,stop,前置詞,ing」と大声で叫ぶようにといわれて暗記したのを思い出しますが、これを今でも覚えています。音で覚え、脳に刻まれている、つまり右脳で記憶されていると思われます。

 

中学校理科レベルの生物の分類で 

魚類・両生類・ハ(爬)虫類・鳥類・哺乳類 とあると思いますが

問題でヤモリ、イモリはどれに分類されるでしょう。としたとき、知識として頭に叩き込むのではなく、ヤモリのヤは八、ハ(爬)虫類と視覚的に覚え、イモリはそれ以外の両生類と覚えました。脳に刻まれましたと勝手に唱えています(笑)

 英単語でも関連付けて覚えいるものとして、「bold」は大胆な、という意味ですが、派手な柄のボールの絵に「大胆なボールど(Bold)ね」、単純ですがこれで脳に刻まれてまして、これも二十数年前の暗記ですが今でも思い出せます。

 

 

右脳学習で有名な七田先生の考え方より

 

www.shichida.co.jp

 

七田先生の右脳学習でも上記の私の中学時代の勉強法が偶然にも当てはまっているような気がしてます。とくに0歳児から6歳児までに脳を基礎は大体決まるといわれているので、その年齢のお子さんをお持ちのお父さん、お母さんはこの右脳教育で教育の基礎的な部分(器、受け皿)を広げてあげるのもいいかもしれません。かの林修先生も何人もの子供や生徒を塾などで接する機会があるようで、小学校入る時点でその子がどこまで伸びるか大体察しがつくそうです。それぐらい幼児教育もこれからの時代注目されるでしょう。そしてその幼児教育でキーとなるのがこの右脳式学習法との事でした。実は大人になっても、有効だとか。。。。tagayasu的に画期的な学習法があったらまたご紹介します。

 

dポイント投資 まだ魅力的な投資?tagayasuのdポイント投資のスケジュールで簡単戦略を公開!

dポイント投資はご存知でしょうか?いえ、ご利用になられていますかといったほうがいいのでしょうか。昨年の11月くらいから後出しの負けない投資や残念な運用の変更(改悪)があったり、これに関わっている方々の間では話題になりましたが、近日の日経新聞にも利用者が40万人にもなるとの記事が上がりました。

 

 

 

dポイント投資とはどういった投資か?

 公式サイトはこちらですが↓

ポイント投資


保有しているdポイント、こちらを使って投資体験をしましょうというサービスです。dポイントを運用ポイントに替えて、資産運用をしてみましょう、体験しましょう。つまり『貯蓄から資産形成へ』というシフトを身近に感じながら社会課題にむけたサービスとの事です。

運用のコースが2つ アクティブコースとバランスコースがあります。簡単に言えばアクティブコースは株式運用がメインの値動きが大きい投資信託コース、バランスコースが債権等の値動きが小さい投資信託コースといったところでしょうか。

 ドコモユーザーの方でしたらおなじみのdポイントを運用ポイントとして追加したり、引き出ししたりします。この手軽さがひとつのセールスポイントとなっています。夕方5時を過ぎると運用が⊕か⊖の更新がされます。市場が開いている平日に毎日+3%~-3%の間で増減が発生しています。実際は3%前後の値動きが発生する事は稀ですがこの幅も大きなポイントとなっています。

12月に改訂が行われ全額出し入れ自由だったのが、追加入れが一日上限2000ポイントで設定されました。これにより引き出すリスクが大きくなりました。それでもまだやめたという人を聞いたことがありません。それだけまだうま味があるということだと思います。

 

f:id:marins8055:20190305111351j:plain

こちらがdポイント投資基本の画面になります。

ここで私のdポイントのルーティンをご紹介いたします。

 

tagayasu的スケジュール~dポイント投資のあるルーティンワーク~

dポイント 0からのスタートと仮定し 

①朝8時に日経先物、NYダウ、NASDAQをチェック!(SBI株価のボードより)

同時にツイッターにて dポイント投資を検索 他予想家様のツイートをチェック!

②12時、ドル/円 中値を各サイトでチェック!ここでコース選択(アクティブorバランス)

③16時30分頃 dポイント投資サイトにてdポイント 2000を追加するか引き出すか判断

④17時以降 自身のdポイント投資サイト及び予想家様のツイートをチェックして+か-かを確認する。

 

 ①の時にほぼほぼ上がるか下がるか決まってます。忘れるリスクがあるので、上がる日はこの時点で2000ポイント追加してもいいと思います。コースもアクティブコースでいいと思います。逆に下がる場合は追加せず、大きく下がる場合は引き出します。また金曜日は金、土、日、月と8,000ポイントまで引き出せば減額の被害を多少減らしつつ、週末でポイントを毎日2,000ポイント追加する方法もあります。平日の日中の作業なので②~③は余裕のある方の対応でいいと思います。こちらはよほどの市況の変化がなければ朝の判断と同じで問題ないです。④にて結果をチェック、自分のページをみて増減の確認ができます。ほかのdポイント投資ユーザー様のツイートも結果は同じなので一喜一憂気持ちを共有できます(笑)

 

 昨年の運用の変更を踏まえて

運用変更以前は一つのIDで全ポイント出し入れ自由でしたので、一日1000ポイント以上利益を上げられる方もいました。dポイントも今ではポイントキャンペーンで多少増えやすくなっておりますが、どうやったらそこまでいくのか10万ポイント以上を保有した強者もいたりうらやましい限りでした。日中、投資ファンドと為替をみて、17時に出し入れを行うだけで、簡単に利益がでて損失を回避できる。儲かる後出し投資でしたが、運用の改変があり、一日2000ポイントの追加が上限、つまりポイントを引き出すと機会損失のリスクが増える事となりました。当然、dポイントはdocomoのシステムなので、NTTdocomoの持ち出しになるので、この仕組みは続かないのは明らかでしたが。

しかし、運用変更はありましたが17時までにほぼ勝てるポジションを決め、利益がだせること自体は変わりませんので、まだまだ魅力的ではないでしょうか。また手間ではありますが、金曜日8,000ポイントまで引き出だして減額の被害を多少減らしつつ、週末(金、土、日、月)でポイントを毎日2,000ポイント追加する方法も戦略の一つです。下げがわずかならバランスコースに変更して耐え忍ぶのも戦略です。

なお、THEO+docomo(テオプラスドコモ)では上限追加が10,000ポイントとなっておりますが、こちらは市況のリスクがあるので今のところ参戦は見送っております。状況をみて参加しますがはたして。