投資初心者の成長記録

30代にして初めてブログを開設しました。IPO、株主優待、スイングトレード等投資報告や生活に役立つ情報も微力ながら書いていこうと思います。

吉野家さんから株主優待券到着 tagayasu的に吉野家さんをつづります。

8月分優待が到着しました。まずは株主優待代表格の吉野家ホールディングス(9861)よりお食事券3000円分です。「吉野家」「はなまるうどん」「京樽」で利用できます。

f:id:marins8055:20181112170405j:plain

また、冷凍食品との交換もできます。自宅近所には店舗はないのですが、東京都内では「吉野家」は各駅にかならず1店舗はあるほど出店されています。

 

牛丼自体という事ではでは№1

個人的な好みにもよりますが、牛丼単品でいえば他の牛丼チェーン店より頭一つ抜けておいしいです。実はすき家にも松屋にもなか卯等々に行きますが、店舗は吉野家が雰囲気的にも一番地味な印象です。それでも吉野家に一番多く通い、そして吉野家以外では牛丼は注文しません。他チェーンはどうしても吉野家に比べると味が落ちるため(あくまで個人の感想です!)、それだったら他のメニューという思考が働きます。そのこだわりがこの「ショートプレート」という貴重な部位だそうです。吉野家さんのホームページより抜粋ですが、

「ショートプレート」とは、牛一頭あたり約10kg程度しか取れない部位。赤身と脂身のバランスが良く、牛丼にふさわしいまろやかな肉質です。もう一つの特徴は「穀物肥育」であること。穀物で育てた牛肉は、牧草だけで育った牛に比べ肉の臭みが少なく、「吉野家の秘伝のたれ」と合い、牛丼をおいしく仕上げることができます。

 とのことです。ほかの食材にも牛丼にあうように玉ねぎやたれといったものの素材にもこだわりぬいていますが、やはり牛丼にとっての主役の肉であるこの「ショートプレート」がおいしさのキーポイントではないでしょうか。最近はベジ牛丼といった攻めたメニューも出てきています。牛すき鍋御膳もヒットしましたが、これがあってのメニューであり成功ではないでしょうか。

 

吉野家さんとの投資での関わり

tagayasu自身の話をすると株で投資を勉強を兼ねて始めたときに購入した思い入れがある銘柄です。買った当時は今以上に素人で、BSE問題で牛丼は販売しておらず、これが解消すれば株価は上がるだろうと、そして長期的に見てこの問題は解決すると予測。みごとこの目測があたり保有資産を上げることができました。しばらく保有で優待食事券3,000円と配当金年2,000~3,000円をいただけて優待⊕配当は約10,000円くらいはいただけてます。今は配当が年2,000円なので年8,000円くらいです。

今年で13年、手放すこともありましたが基本値下がりで保有しております。

13年×年9,000円(大体平均して。)=117,000円の総利益となっています。現株価に対し半額以上は元をとっているありがたい銘柄です。

これからも応援していきたいと思います!!

オーストラリア一人旅~シドニー編~in201x 良かったこと!悪かったこと!

ケアンズの早朝からホテルにHISの現地スタッフ(日本人)の方から飛行場へ送迎

してもらいました。飛行機で3、4時間くらいでしょうか。初めて外国の国内便にのりました。ここでもジェットスターです、現地だと平日早朝で席もあいていたりして空いてました。子供が飛行機内で自由に席移動したり、やはり日本とは違うなと思いました。

シドニーに到着。飛行場で現地のスタッフの方に迎らえ、その後半日シドニー市街地を案内してもらいました。というツアーですね。こういったツアーは必ずこうした案内が付いているのですね。シドニーに限った場合はお土産店によるとかそういったことはなかったです。シドニーの滞在期間は2日ない感じです。オペラハウスやダーリングハーバーエリア、ボンダイ ビーチ等々有名どころを満遍なく巡ります。数時間程ですが結構な場所にまわれて内容は充実はしています。そう、東京でいうと「はとバスツアー」みたいな感じです。そのツアー同行者はカップル1組、親子1組、若いOL組、そして私と一人同い年くらいの若者がいました。いた!同じ一人旅の方、眼鏡をかけた短髪の男性。フレンドリーな雰囲気もあり会話を交わしました。彼はブリスベン在住の日本人の友人を訪ねるらしく、HISのツアーでオーストラリアへ、当時仕事を辞めて気分転換もかねてとのことでした。目的は違えどお互い親近感があったのか、オペラハウスや国立公園等を巡ったときには写真を撮りあう間柄になってました。

 

ツアーを終えて、ご一行は解散、一人旅の彼とも今後のお互いの健闘を称えお別れをしました。ホテルまで車で案内してもらいます。そういえばこのツアーで使われていた車種はトヨタのハイエースです。オーストラリアでも人気なのか、HISのスタッフが日本人だからなのかわかりませんが、人を乗せるのは便利だしハイエース建材でした。お値段現地だと関税の関係も含み中古でも当時で約600万円するようでした。またバスでも案内してくれたスタッフさんも興味深いお話を伺えてよかったです。

 

ホテルはセントラルステーションすぐ近くのメルキュールシドニーです。

www.accorhotels.com

 

ビジネスホテル的な感じでしたがどこに行くにも便利です。きれいなホテルでした。まだ泊まるには早い時間だったので、荷物を置いて付近を散策します。シドニー中心部ですが中華系、いわゆる華僑の人が多いです。オフィス街にいるその人々は結構富裕層的なこぎれいな感じの人が多い印象でした。逆に当然繁華街にはダウンタウン地区といいますかシドニー中心部にある中華街には近寄らないように言われました。下手をすると事件に巻き込まれるとのことですが、どこにでも観光客が行ってはいけない地区があるのですね。夜になってちょっと人通りの多いところをぶらぶらっと出歩きました。南半球最大の歓楽街「キングスクロス」にも行ってみましたが、ほんとに?ちょっと寂しい感じでした。

翌日ホテルをチェックアウト、荷物は預かってもらいオペラハウスや市街地を観光しました。オペラハウスや水族館、動物園、シドニータワー等々、シドニーの市街地は一日あればほぼ主だった観光地は巡れますね。その晩にホテルのロビーで待ち合わせ、空港に送ってもらい、日本へ帰国しました。

f:id:marins8055:20181106102301j:plain

 

失敗したことは ケアンズの時もそうでしたがデジタルカメラの充電がぎりぎりだったのでそこでした。

マクドナルドで注文したのですがフライドポテトを頼んだけど通じない、向こうでは”チップス”で注文、予習不足でした。というより私の英語がいまいちだったのかもしれません、飛行場のCAの方には通じたのですが、普通の従業員(アジア系)には通じなかったです。あとブルーマウンテンもいってみたかったなあ、時間がなかったです。

 

良かったこと シドニーは一日あればほぼおもだった観光地を網羅できます。すべて徒歩で回りましたので疲れましたが(笑)町並みはイギリスっぽいですね。さすがイギリス連邦加盟国!私はこの街並みは好きです。シドニータワーでは一人旅風の白人の男性に話しかけられました。「おまえは一人で何してるんだ?」的な感じで、お互い様ですが(笑)ニュージーランドから一人で来てたみたいです。このようにシドニーは便利もよく一人旅には向いているのではないでしょうか。

 

まとまりがない感じですみません。また思いついたら色々書いていきたいです。