投資初心者の成長記録

30代にして初めてブログを開設しました。IPO、株主優待、スイングトレード等投資報告や生活に役立つ情報も微力ながら書いていこうと思います。

鬼怒川ホテル三日月に宿泊、充実したものとなりました。穴場?鬼怒川温泉よかったです。

初夏に続き、今回も三日月のホテルに行ってまいりました。北関東を代表する観光地の一つ日光鬼怒川温泉で他のホテルも候補に上がりましたが、子供を連れて行くので目的の一つとして大きなプールがすぐそばにあるのはいいかなと思いこちらにしました。

スケジュールとしては

北千住駅発→特急リバティー(約2時間)→鬼怒川温泉駅→(徒歩3分)鬼怒川ホテル三日月(荷物預け、事前チェックイン)→鬼怒川温泉駅からバスで→東武ワールドスクエア→バスで駅→鬼怒川ホテル三日月(宿泊)→朝一でチェックアウト→朝食→荷物まとめて出発→となりのスパランド→三日月で昼食バイキング→特急スペーシアで帰宅

 

 

11月下旬で、日光市は万が一の雪や路面のもあり安全のため、車ではなく電車で現地へ向かいました。日程は11月の三連休、東武の特急電車はWEBでも申し込めますが、9時台~11時台はほぼ満席でした。当然個室も満室でしたので、家族で前後2席で向かい合って座ることは可能です。

特急券インターネット購入・予約サービス

 

北千住駅から鬼怒川温泉まで

始発ではない北千住駅からでしたので、特急電車の写真も撮る余裕もなくすぐに乗り込みました。乗車の注意としてはWEBで席の予約をしてチケットレス化しても乗車券(PASMOやその他交通系ICでも可)は買わないといけないので、忘れずに。新幹線だと特急券、席、乗車券と一体となっているものもあるので、わたしもつい要らないものと思っていましたが、それだとそもそも駅には入れません笑

特急といっても普通電車と同じ線路を走るので、少し早いくらいです。車内販売もありますが、新幹線のようにお弁当等はなく、おつまみやパンくらいでした。

2時間ちょいでつきます。途中駅の下今市で指定席が解除となったので人がぞろぞろ入ってきました。ちょうどここが日光駅と会津方面の分岐らしく少し焦りましたが、会津

田島行で間違いないのでご心配なく!駅に到着すると観光地らしく駅の広場では日光さる軍団のパフォーマンスや足湯があったりしました。

f:id:marins8055:20181205163325j:plain

おさるのパフォーマンスや足湯場等があり観光地らしくいい雰囲気でした。

f:id:marins8055:20181205163629j:plain

駅に前にはレインボーマート?コンビニでお土産も買えたり、食堂もあり初日はお昼はこちら「つるや」さんでいただきました。バームクーヘン屋「はちや」さんや少し下るとラーメン屋さんがありました。結構駅前も充実したお店ぞろいです。

鬼怒川ホテル三日月からワールドスクエアへ

 実は先に荷物を預けてホテル三日月さんへ預けてお昼をいただきました。仮チェックインができて、荷物も預かってもらえるので楽ちんです。フロントでバスの時刻表もいただき、駅へ出発。駅前のバス停の時刻表をみて1時間に3本くらい日光江戸村行きが日中の時間帯にあります。江戸村は子供がもう少し大きくなってからのお楽しみで、ワールドスクエアへ!

f:id:marins8055:20181205164520j:plain

ワールドスクエアへ、私自身も25年ぶりくらいです。ここへこどもを連れてくるとは、中身は昔のままかな。

f:id:marins8055:20181205170032j:plain

せっかくなのでピラミッドを一枚。

やはり外なので日が暮れてくると寒かったです。入り口にはショップやレストラン、中にはキッズスペースがあり、ミルク用のポッドもあって子供連れにはありがたかったです。 総工費50億円のミニチュアは伊達ではないです。たくさんミニチュアがあり、楽しめ、その世界観に吸い込まれそう(というのは大げさか)。子供は電車が走っていたりするのも楽しめるかと。毎日きたらさすがに飽きますが数年に一回くらいのペースだったら十分楽しめると思います。

 

鬼怒川ホテル三日月と隣のスパ

その後、バスで駅前へ。三日月ではチェックインは済ませているので係の人に部屋番号を言えばカギをもらえます。受付時、ディナーバイキングの時間を予約するのですが、17時30分までの早めを勧められました、だいぶ混むようで、木更津でもその経験はあるので、早めの時間にしました。バイキングは正直、三日月の富士見停ほど種類ははないですが、私的には満足です。カニ食べ放題、ステーキ食べ放題はこちらにもあり良かったです。

ホテル自体は有名だったホテルニュー岡部を改修ししたものらしく、趣があり木更津の三日月よりも泊まった感?ホテルに来た!感がありました。大浴場も広く、入り口は和風の雅な回路にでした。部屋もスタンダードな一番安い和洋室でしたがきれいで広さも十分、眺めも鬼怒川と反対で駅前を見るようでしたがよかったです。

 

翌朝、また大浴場へ。男女の浴場は入れ替わります、こちらも例にもれず。

朝食バイキングはすごい混雑していました。団体さんと重なるとそうなるらしく、その場合はやや遅めのほうがよかったかも。私は妻に並んでもらっている間にチェックアウトの清算を済ませました。

チェックアウトは10時、その後ホテルの横にある「ガーデンスパ三日月」へ。

木更津の竜宮、スパをイメージするとあれ?と思いますが、広さもアミューズメントもこちらにはないです。施設は新しめで、フロントで宿泊者はタオル代のみ払い、ロッカーで着替えて、途中で簡単な浴場がありそこを抜けてプールという流れ。写真撮影は禁止です。食事も禁止飲み物はOKで、木更津のプールを思い浮かべるとあれ?と感じるのでは。あと、流れるプールがメインなのですが、水深が1メールを超えるので小さい子は浮き輪必須で、楽しみましょう。ちいさなスライダーはありました1メートル20センチ以上のお子さん可。

 

プールのあとはホテルで昼食バイキング。14:30で終わりです。メニューが少ないのは覚悟していましたが、それでもちょっと少ない感じでした。あまり人はいなかったです。全体的にチャーハンやら炭水化物の割合が高め。

でも、時間いっぱいゆっくりして、駅へ。

 

帰りはスペーシアで!リバティよりスペーシアのほうが年式が古いのですが、心なしかこちらのほうが乗り心地がよかったです。あ、あとリバティには個室がありませんのでご注意を。予約時はとにかく時間を確保するためだけだったので、どの電車か気にはしてませんでしたが、次は余裕をもって調べてみようと思いました。

 

総括

子供二人、一人は1歳児、電車で荷物が多い、といろいろ縛りがありました。しかし、ホテル三日月は駅から近く荷物も預かってくれる。鬼怒川駅はバスとタクシーも比較的利用しやすいので、観光地へは行きやすいです。木更津と比べるとバイキングやプール等などは空いていて、ストレス感じなかったです。おかげさまで充実した旅行となりました。鬼怒川温泉は近くて穴場的で気に入りました。日光江戸村へ行くという宿題もあり、また数年後にはいくと思います。宿泊は三日月でもいいし、ほかにも候補があるので次回までにじっくり考えようと思います。以上!